スロット 時間 回転数

スロット 時間 回転数

あなたも好きかも:劇場霊 パチンコ ボーダー
 連載初心者は「ひとりずつ」パターンを使ってください

そうすれば物語が段々と終わりに近づいている実感を書き手も読み手も味わえます

 ある程度腕がついてきたら、複数の人物を同時に終わらせてみましょう

 どんどん人数を増やしていけば、一度で全員の「結末(エンディング)」を書くことができ、大団円を迎えることもできるはずです

あなたも好きかも:クッキークリッカー スロット
人物の過去を設定してみる 小説の人物は書き手の創造物のひとつです

あなたも好きかも:グロッタの町 スロット
 没個性になりがちな人物を生き生きと書くために、人物の「成長」を書きます

 そこで現在の人物像を形作るため、「過去」になにがあったのか詳細に設定する技法があります

 人間は「過去」の積み重ねの上に生きているため、どのような環境で育ち、どう生きてきたのか

それで人物の性格が決まるのです

 人物の「過去」をきちんと設定していれば、現在の性格も判断基準もブレません

 私の「箱書き」段階の『秋暁の霧、地を治む』の主人公ミゲルは「戦争のない世界を作る」ことを目的としています

その過去は七歳で路頭に迷い、スリで暮らしていましたが軍務長官に捕まってしまい、身寄りのない境遇だったので軍務長官が引き取って育てることになったのです

そこで倫理観を教えられたことによって、殺生や窃盗や強奪などを戒める気持ちが強く出る性格にしてあります

「過去」を設定したことで、ミゲルの言動には一本筋が通るようになったのです

 反戦思想を持つ将軍が、どのようにして世に平和をもたらすのか