パチンコ 坂本冬美

パチンコ 坂本冬美

小声で彼に「あの、俺……要るでゲスか?」そう告げると両肩を軽く両手で握られて端正な顔の真っすぐな両目で見つめられ「本体は君だろう? 君は今、なんだ?君とは皆にとって どんな存在なんだ?」父親とかストーカー対象とか操り人形とか元地球人とか色々と浮かんだ末に何とか「ま、魔王?」と言葉を絞り出すと「そうだ

君は魔王に就任した

あなたも好きかも:リングにかけろ スロット シリーズ
 良いかい?君は器用なタイプじゃない

 君は闘いの日々の中 どうにか、その場その場を半ば力づくの技で 突破して来ただけだ」「いや、たまには技巧的だった気も するんでゲスが……」「いつそんなことが?」「いや、嘘吐いたでゲス……」確かにその通りだ

持ちうる能力を放出してその場しのぎをどうにか繋げて来ただけだ

それに様々な仲間の助けが重なってどうにかここに立っている

たしかに、そう考えると、とてつもなく危ない橋を渡り続けてきた気もしてきた

あなたも好きかも:鹿児島 パチンコ 串木野
「……魔王になったのは、君の力と 仲間たちの支えの結晶だ

 良いかい?君は強いんだ

 持ちうる力を出し切れば 君はあそこに立って笑っているあの人の 能力をこじ開け、そして勝つことができる」黙って聞く

なんか中学の時の野球部の恩師に諭されているようだ

「様々な出会った人格は君の中に溶け込んで そして、君を陰に日向に援けている 私にその影を見たのなら、そういうことだ」「……魔王だと自覚しろと?」「ふふふっ

そうじゃない

あなたも好きかも:パチンコ 市原 新台
 君は……君だけの存在じゃないと 思い出させただけだ

 どんな孤独な状況でも、誰もが独りじゃないんだよ……

 君自身が、かつて虚無の王に言った言葉だろう?」「そんなことを、言ってたんでゲスか……」色々あり過ぎて、覚えていなかった

「我々は一人だよ

 さあ、ナゲメルチャ・ギマグランヌを倒そう

 それが彼の名前だ