織田信奈の野望 スロット 朝一

織田信奈の野望 スロット 朝一

 誰もが落ち着かない様子で、仕事にも身が入っていなさそうである

 彼らがハラハラとしているのには理由がある

 今デルゲンの真正面に座っている男性こそ、このアテーゲ領の領主、ナルス・アテーギア本人だからだ

 どうしてそんな大物がこんな所にきて、更にはデルゲンがため口で会話をしているのかが到底理解できなかったのだ

 いくらこの領地を魔王軍から守っているとはいえ、そこまで砕けていいものなのだろうか

あなたも好きかも:msx スロット
 それにこの領主、貫禄が恐ろしい程にあり、その場に立っているだけで重圧を周囲にまき散らしていた

 本人は気が付いていないようだが、それをものともしない船長も船長だと、誰もが口をそろえて噂した

あなたも好きかも:サミー パチスロ 新台
「で、なんの用だよナルス様や」「そなたと私の仲だ

様付けなどよせ」「だーってよぅ、その従者がうるせぇんだもん」「何、気にする事はない

私が言うのだから、この者も口を閉ざすだろう」「まぁここまで砕けておいて一部丁寧に喋ったところで敬意もクソもないか

んで、なんの用だ爺ちゃん」 その発言に海賊たちが一斉に叫ぶ

『爺ちゃんー!!!?』「うっせぇな馬鹿ども! 血の繋がりはねぇよ! 愛称ってのがあるだろうがよ!!」『いやそれでもそれはおかしい!』「可笑しかねーよ!! 黙ってろ!!」「かははは! 賑やかでいいではないか」 カラカラと笑うナルスを前に、デルゲンは頭を掻いてまた椅子にどっかりと座った