ロードオブヴァーミリオン スロット ステージ

ロードオブヴァーミリオン スロット ステージ

「? 書きましたが……」「あんたって奴は……!」 ルイスの融通の効かない性格に、ほとほと呆れる

「こりゃ、学校に行ったらカミナリが落ちるな」「ま、そういうことだ

ついでにオルヴェールにも説教しておくよう、頼んでおく」「――とばっちりじゃないですか!?」 俺は一応、学校側からも許可を得て向かったはずなのに……

「とばっちりでもなんでもない

そもそも行った場所が違っているのだ

あなたも好きかも:es330 カジノ
しっかり説教されて反省してこい」「うう……マーディ先生の説教に後は多分、反省文も……」「あるだろうな」「あの、さっきの殿下様の説教で……」 何とかそれだけはとゴマするが、「反省しているなら、反省文の数十枚くらい書けるだろ?」「はい

あなたも好きかも:まどマギ スロット 重い
喜んで書かせて頂きます」 まだ説教が欲しいようだなと圧をかけられた俺は、頭を下げる他なかった

「今日はペコペコリリィだね

ブラックじゃないよ」「……そのペコペコ、気に入ったの?」「いやそこ! 気に入らないで!」 そんなこんなとハイドラスの説教に目処がつくと、本題へと入る

「先ずは皆、無事に帰って来てくれたこと、嬉しく思うぞ」 私達は上手いタイミングで一日違いくらいで帰ってきた

 そのことからこの会談が決まったわけで、今回も極秘任務ということから、城の客間の一室に集まっている

「ハイドは軽く聞いたのだな?」「はい

そちらの二人についても聞いています」 ギルヴァとアリアは、よそよそしく頭を下げる

まあ両方の報告を訊こう

先ずは西から……」 俺達に西大陸組から事の次第の全てを話し、新書も手渡した――

「――そうか

その娘に魔人の魔石が……」「はい

ギル達を守るためとはいえ、軽率な行動、申し訳ありません」「いや、君を責めるつもりはない

全てはクルシアというあの男が原因……」「そして原初の魔人か……」「はい