まどか 反逆 スロット

まどか 反逆 スロット

初期モードを現地時間で百日継続、その後は通常モードに移行せよ」《……了解しました》 よしよし

これで新規迷宮の稼働が完了、っと

 ベリーヒルの村に挨拶に行くのは、魔物が貯まってからになる

あと一月後くらいかしらね

その間に過疎村には冒険者ギルド支部が建てられて、迷宮の存在が告知されて、冒険者がポツポツとやってくることになるだろう

 こうして、何もない村の近くに、いきなり小さなコンテンツが建てられた

元の世界の感覚で言えば、襟裳岬の海岸線に花やしきを建設した! くらいの違和感だろうか

 迷宮設営専門アバターの試験運用も今日で終わり

まずまずの成果に満足感を得ていると、他の私から連絡が入った

《こちら五番

あなたも好きかも:スロット ストリートファイター2 実機
ちょっとさ、ヒノキとかミンガムにあるよね?》「あるある

あなたも好きかも:スロット フリーズ 恩恵 でかい
木材の提供? もちろんいいさ

ジャンジャン持っていってよ」《助かるわ~

ちょっと面白い人がいたからさ

試験的に建てさせたのはいいけど、素材がなくてねぇ》「ほうほう……」 五番とやり取りしていると、三番からも連絡があった

《試験お疲れ! 次はカーンの東に、秘密裏に迷宮を作る実験をしたいんだけど!》「もうちょっと、このアバターでの展開のノウハウを蓄積した方がいいと思う」《わかった

じゃあ、他の私にもやってもらおう》「うんうん」《じゃ、試験運用関係は四番に任せたから!》「えっ」――――四番の私こそ、真の雑用係である