ソレア リゾート アンド カジノ

ソレア リゾート アンド カジノ

「すげー威力……ほんとに一瞬じゃん」 壁を這うようにして残留する雷のお陰で、全体がよく見渡せる

あれだけいたカニたちは、黒焦げになっているものもあれば、高熱で蒸発したものもあった

『雷とは、そういうものであろう?』「そーだけど

あんがとね、べーさん」『いやなに、大したことはしておらん

というかサラサ、もうちょっと頻繁に呼べばいい

あなたも好きかも:でる パチンコ
私たちも退屈しているんだぞ?』「そんな状況にならないってば……あとで何か送るけど、リクエストある?」『ならば、酒と食事だ

私からの依頼は、今のところないのでな』「はあい

じゃ、またね」『うむ

たまにはこちらにも顔を見せるといい』 印をこれ以上組むことなく、半透明になった彼は、次第にその姿を消していった

まだ雷は、ぱちぱちと残ってはいたものの、それを無視して昇降機のワイヤーに軽く手を触れ、ひょいとサラサは飛び降りた

減速するため、足の裏をこすりつけるようにはしているが――

あなたも好きかも:ダンバイン パチンコ 保留変化
――着地するから空けて!」 慌てて声をかければ、軽くジャンプしたギィールがこちらの加速に合わせ、抱きかかえるようにして減速、それから着地した

「――あんがと」「いえ、ご無事のようで何よりです

あなたも好きかも:パチスロ ドン
大きな音がしたので、何事かと思いましたよ」「そんなこともあるって

――へえ? そっちの二人は、技師と料理人?」「あ、お、おう……なんか、すまん」「いいって

あー、やっぱり下は海か……以前はまだ、下も開けた空間だったと思うんだけどね」 昇降機の隅から見下ろせば、おおよそ三メートル下には海面があった

当然暗い

「昇降機の様子は?」「大丈夫、素直