ブラックジャック 暗記

ブラックジャック 暗記

自分の努力が認められたことが嬉しいのか、康太の手に頭を押し付けるような形でもっとなでるように催促してくる

可愛いものだと康太と文は微笑ましそうにしているが同い年の息子を持つ芳江からすれば神加の技量の高さはうらやましいものだったらしい

「息子もこれくらいの技術を持ってくれれば安心できるのですが・・・失礼ですが、普段八篠様や天野様はどのような訓練を?」「あー・・・うちの訓練はあんまり参考にしないほうがいいと思いますよ

基本スパルタなんで・・・」「まぁ少なくとも子供にやらせるような内容じゃないわよね・・・でも神加ちゃんには手加減してるんでしょ?」「魔術の指導の場合師匠はばっちりやるぞ

ぶっちゃけそうしないとちゃんとした修業にならないからな・・・近接戦闘のほうは姉さんがやってるけど・・・」小百合が手を出すと明らかに危険な近接戦闘の訓練に関してはほとんどが真理の指導によって成り立っている

だが魔術の訓練に関してはほとんど小百合が取り仕切っている状況だ

反復練習に加え実際に覚えさせる魔術などはほとんど小百合が決めている

師匠として当然と言えば当然なのだが、小百合が熱心に指導をしていると彼女の弟子としては非常に不安を覚えてしまうのだ

あなたも好きかも:どらくえ6 カジノ
いつか不慮の事故が起きないかと常に目を光らせておかないと神加の身に危険が迫ることとなってしまう

康太と真理は小百合の弟子ではある

あなたも好きかも:パチンコ 人気 機種
だが弟子であるからこそ師匠の危険性を理解している

自分たちの可愛い弟弟子を師匠である小百合の毒牙にかけるわけにはいかないのだ

「というかあれですね・・・どんなに周りがやる気があっても、結局本人にやる気がないといつまでたっても伸びませんよ?うちの場合はいくつかの魔術を教えたらそれを徹底的に覚えさせて、応用したり組み合わせをしたりさせてます」「やっぱりやる気にさせないとだめですか・・・この子も魔術自体は覚えているんですけれど・・・なかなか上達してくれなくて・・・」上達しないというのはつまり練習をあまりしていないということだ

あなたも好きかも:パチスロ 一号機
いかに天才と言えど努力しなければ上達はしない

あのアリスでさえ高い実力を手に入れるために何百年と研鑽し続けたのだ