閃乱カグラ スロット 中段チェリー

閃乱カグラ スロット 中段チェリー

 殺意と言い換えても良いだろう

「おはよう」 地底の底から響くような声を出してくる丹下

 俺も適当に返事を返し、柳君を紹介する

「体育祭の後から、名古屋の側にいるんだよ

試合があったりしたから」「朝から楽しそうね」「楽しいよ」  天真爛漫な表情で答える柳君

 対して丹下は槍でも持って来そうな表情

 胃が痛くなるきっかけって、多分こういう時なんだろう

あなたも好きかも:行田駅 パチンコ
「丹下さんは、何か用事?」「忘れ物を取りに来ただけ」「そう

あなたも好きかも:稲川淳二 パチンコ 設置店
僕は浦田君に会いに来た」 随分ストレートな台詞

 それにはさすがに、俺も笑顔を浮かべてしまう

 丹下がどんな顔をしているかは、今は絶対見たくない

 なにやら呟きながら帰って行った丹下を見送り、俺達は執務室へと移動

 そこには森山君達が待っていて、報告書らしいDDを振っている